株式会社 永野基礎

本社
〒780-0022
高知県高知市北秦泉寺758番地3
TEL:088-822-6777
FAX:088-822-9333
MAIL:
naganokiso@sirius.ocn.ne.jp

認定工法

KNEADING and BFK and DANK

HYBRIDニーディング工法
SUPERニーディング工法
NEWニーディング工法
ニーディング工法
BFK工法
DANK工法(中堀)

概 要

 この工法では撹はんバーと練り付けドラムが付いたニーディングッド及び特殊オーガーヘッドを使用して、その先端より適量の水を噴射しながら採削していきます。そして、所定の位置に取り付けられたドラムにより、泥化した土を孔内周面に練りつけて「壁」を造成すると共に孔内に残留する泥土の密度をある程度低くして、杭の挿入を容易にするものであります。
 使用する杭がストレート杭の場合は、採削径を孔径+3cmとして杭周固定液を充填するものと、杭径とほぼ同時で採削し杭周固定液を使用しないものの2種類が有り、杭が先端拡大部を有する場合には、採削径を先端拡大部径+3cmとして杭周固定液を使用します。

特徴1

プレボーリング工法であり、砂・砂レキ・粘性の大きい地盤などでも杭体に損傷を与えることなく施工でき、地盤条件に幅広く対応できる。

特徴2

杭は先端部全開放型を使用し、回転沈設を行うため、浮力の低減を図ることができ、長尺杭の施工を能率よく行うことができる。

特徴3

練り付けドラムの練り付け効果と泥水圧により、孔壁の安全性がよい、そのため杭を回転させた時も杭内に損傷を与えるような過大なトルクはかからない。

特徴4

騒音・振動が僅少である。又、練り付け効果により掘削土が孔壁に練りつけられるため、従来のプレボーリング工法と比較して排土量が少ない。

認定工法

TAIP and KING

TAIP工法
KING工法

概 要

 特殊ヘッドを取り付けたスパイラルオーガーを杭中空部に建込み、杭を回転させながら埋設し、拡大球根を築造する、中堀り回転拡大根固め工法です。高圧噴射ノズルが取り付けられたオーガー先端部は、杭内と連結できる構造で、ジェット水を噴射しながら掘削モーターを正回転すると、オーガーヘッドとともに杭も回転しながら埋設されていきます。
 杭が所定深度に達した後、セメントミルクの注入・ソイルミキシングを行い、拡大球根を築造。強固な杭の支持力を発現させます。

特徴1

低振動・低騒音で施工できる。

特徴2

排土が自然土なので、ベントナイト泥水などによる二次公害の心配がない。

特徴3

回転埋設工法のため硬直精度が高く、また支持層への貫入はATOM装置により、定性的なデータで確認できる。

特徴4

セメントミルクを直接ミキシングするため、先端地盤との一体性が高く、また閉塞効果の高い球根を築造することができる。

特徴5

オーガーシャフトおよび杭・ヤットコを継いで掘削することができ、長尺杭の施工も容易である。

特徴6

一台の施工機械で掘削・埋設から拡大球根固めまで一貫作業が行えるので、円滑かつ迅速な施工が行え、コスト的にも有利である。

特徴7

大口径杭、斜杭の施工も容易に行えるなど、施工の応用範囲が広い。